障がい者の障害特性に合わせた防災対策を普及させる活動を行っています

家髙 将明

  • HOME »
  • 家髙 将明

アドバイザー 家髙 将明

略歴

現在、関西福祉科学大学社会福祉学部社会福祉学科専任講師として、社会福祉士養成に携わっている。2015年度より、社会福祉士養成の指定科目以外に、福祉の視点から災害支援を学ぶ災害支援論を担当している。また東日本大震災における被災地で活躍するソーシャルワーカーにインタビューを行い、そこで明らかとなった被災地における課題等を社会に発信していく「ソーシャルワーカーの“声”プロジェクト」の活動を学生とともに取り組んでいる。その他、関西学院大学総合政策学部非常勤講師、大阪府柏原市第3次地域福祉計画・地域福祉活動計画策定委員などを務める。

資格等

  • 博士(臨床福祉学)
  • 社会福祉士

著書

家高将明編『現代ソーシャルワーク論 理論と実践をつなぐ』晃洋書房 2014年
杉本敏夫 家高将明編『高齢者福祉論』ミネルヴァ書房 2015年
ほか

論文

家高将明ほか「高齢者通所サービスにおけるソーシャルサポート効果に関する研究」『大阪ガスグループ福祉財団調査・研究助成報告書』2013年
家高将明ほか「高齢者通所サービスにおけるソーシャルサポートがもつ効果の可能性に関する研究」『人間福祉学研究』2014年
ほか

お気軽にお問い合わせください TEL 06-6147-8609 受付時間 10:00 - 17:00 [ 土・日・祝日除く ]

障がい者施設向けの防災対策支援をしています

service_00_03
PAGETOP
Copyright © 一般社団法人障害者防災対策支援協会 All Rights Reserved.