障がい者の障害特性に合わせた防災対策を普及させる活動を行っています

堀 清和

アドバイザー 堀 清和

略歴

1976年兵庫県西宮市に産まれる。阪神・淡路大震災で自宅を被災。
大阪音楽大学で作曲・音楽学を学んだ後、大学院に進学し音楽療法・健康教育・安全教育の研究に取り組む。

  • 大阪教育大学大学院健康科学専攻修了(学術修士)
  • 関西福祉科学大学・博士課程・臨床福祉学専攻修了(臨床福祉学博士)
  • 安全教育・防犯教育・防災教育に関する研究多数

業績

関連論文first author

「危機管理マニュアルの分析に見る学校安全の取り組み」日本安全教育学会誌.Vol.7(1)45-53 2007年

「安全教育のためのeラーニング教材開発に関する基礎研究」日本安全教育学会誌.Vol.9.49-56.2009年

「Grade and Sex Differences in Safety Consciousness, Knowledge and Behavior in Primary School Students」日本健康教育学会誌. Vol.19 (4) 289-300.2011年

「障害を持つ子のための防災」安全教育学研究.Vol.12(2)pp.27-36..2013年

「潜在危険論に基づく学校での防災」日本教育保健学会年報.Vol.20.77-87.2013年

「家庭における障害を持つ子の防災教育の実態と教育の手法」安全教育学研究. Vol.14 (1)13-25.2014年

「発達障害の児童生徒に対する事故予防の実態」日本教育保健学会年報.Vol.22.pp.3-10.2015年

second author

「保育所・幼稚園管理下における死亡事例と保護者への支援」日本看護福祉学会誌.Vol.14 (1) p.71-81.2008年

「中途障害児童生徒の生活支援」福祉文化研究. Vol.19.52-61.2010年

「学校管理下の事故発生後における養護教諭の対応」安全教育学研究. Vol.10. 47-55.2011年

著書

「QOLの向上とアクティビティサービス続・福祉文化シリーズ第2巻」pp77-86.明石書店.2010年

連載

「子ども防犯ニュース―子どもが安全に暮らすために―少年写真新聞社各月12回連載.2014-2015年

助成研究

2007~2010年
独立行政法人科学技術振興機構・社会技術研究開発センター・研究開発領域・犯罪から子どもの安全「犯罪からの子どもの安全を目指したe-learningシステムの開発」プロジェクト実施者

2012~2013年
東北大学災害科学国際研究所特定プロジェクト研究「発達障害を持つ子のための防災教育および防災対策」研究代表者

2014~2015年
JR西日本あんしん社会財団(助成番号 14R009)
「発達障害・自閉症の子どもへの事故予防教育に関する研究」研究代表者

2014~2015年
博報財団第9回児童研究実践研究助成2
「発達障害を持つ子のための防災教材の開発と指導方法の研究」研究代表者

2014~2016年
内閣府防災教育チャレンジプラン実行団体(一般社団法人PORO)実行担当者(障害児への防災教育)

2015~2017年
博報財団第9回児童研究実践研究助成(継続助成)

お気軽にお問い合わせください TEL 06-6147-8609 受付時間 10:00 - 17:00 [ 土・日・祝日除く ]

障がい者施設向けの防災対策支援をしています

service_00_03
PAGETOP
Copyright © 一般社団法人障害者防災対策支援協会 All Rights Reserved.